グループホームへ

孤独でさみしい。

今日ついに市役所の福祉課に電話をした。どんな手順をふんでグループホームに入るのか聞いた。まず計画相談書?というものを作るらしい。そのために、計画事業所みたいなところに連絡してそこの人と面談?とかして、どこのグループホームに入るかとか話して決めていくそうだ。ふーん。前に作業所に行ったとき、そういうの、やったな。でも作業所とはちょっと違うもんな。グループホームって。住むわけだし。お試しで住んだりとかしてみるらしい。それはいいけど。どこの人がいいのかな。その事業所のリストをまず郵送で送ってくれるんだって。ふーん。前の作業所のときの人はやめた方がいいもしれない。ちょっと仲違いとまではいかないけど、ちょっとだけいやな気持ちにさせられたから。男の人だったけど、私より若い。とにかくちょっと嫌な思い出がある。優しい人とか、リストの名前だけみてもわかんないよね。でも決めないといけないんだよね。うん、まあ、リストが来たら考えよう。とにかく、この家を出ることが大事なんだ。不安があろうと、失敗しようと、とにかく一度出るように努力しよう。このままだと、本当に病気のまま引きこもりになるかもしれない。グループホームでも何でも、とにかく出ないと。ここまでピンチになって、やっと出る気持ちになった。実行にうつすことが出来るようになってきた。本当に、早く離れたい、父母から。グループホームが、どうしてもうまくいかなかったら、今は入院してるおばあちゃんの家に一人暮らししようかな。。でもそのうち退院して戻ってくんのかなー。わかんないけど。とにかく、誰にも心を寄せられなくて、今すごく寂しい。上の妹はコロナ疑いだったけど陰性だったって。よかったけど、家がすごいことになっているらしい。それはどうでもいいけど、とにかくも、腑抜けのようになってる、今、私。でも元気になっても困る。お母さんとついまた話してしまうと、必ず怒るポイントが出現してしまうから。部屋で死んでた方がいいんだ。心の安静のためには。しんどいのはもういやだ…。早くホームが決まるといいな。。